医療法人社団 千秋双葉会 亀戸耳鼻咽喉科 アレルギー科


東京都江東区亀戸5丁目3-2 サンタモニカ亀戸2F お電話でのお問い合わせはこちらから
tel03-3684-7787

お知らせ

花粉症シーズンに備えてレーザー治療予約受付中 (1月実施分のみ受付中、一度ご受診下さい。)
2022/10/31

【来春の大量飛散に備えて】

【2023年春のスギ花粉飛散予測】関東甲信は例年比、昨年比ともに、多いまたは非常に多くなる見込みです。

https://tenki.jp/pollen/expectation/

十分な備えが必要となります。
花粉症、アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療行っています。

スギ・ヒノキ花粉症に対するレーザー治療の予約受付中です。

★★例年かなり予約が混みあいますので早めにご予約をお願いいたします。残りわずかとなっており、現在1月実施分のみ受付となります★★

花粉症には飛散期前の予防的レーザー治療が有効です。
レーザー治療をすることによって、アレルギーの原因となるスギ花粉抗原が鼻粘
膜に侵入するのを予防したり、鼻粘膜の反応が弱くなったりします。

特に毎年症状が強い方、薬を飲むと眠くなる方、妊婦、授乳婦のかた、花粉シーズンに受験を予定されているかたにはお勧めです。
1月下旬までにレーザー治療が重要となります。
残りわずかとなっておりますのでお早めにご検討よろしくお願いします。

レーザー治療について

レーザー治療とはどのようなものですか?


レーザー治療は、薬物療法や体質改善療法などの保存的治療法に抵抗性を示す通年性のアレルギー性鼻炎や季節性のアレルギー性鼻炎(花粉症)に対して有効です。 主に鼻閉症状に効果があります。有効率(手術後、改善したと答えた人の割合)は約80%です。 レーザー治療費は両側で29,100円(保険点数2,910点)ですが、 健康保険が適応され3割負担の方は8,730円となります(2012年4月診療報酬点数表改定)。 1割負担の方は2,910円です。原則として両鼻を焼灼します。片鼻に約10分です。痛みと出血がほとんどないため、外来でできます。通常1回で終了します。

どこを手術するのですか?


下鼻甲介粘膜がアレルギー性鼻炎の主な反応部位です。その粘膜をレーザーで焼灼してアレルギー反応を抑える方法を、レーザー下鼻甲介粘膜焼灼術といいます。皮膚を切開したりすることはありません。

手術時間はどのくらいですか?


準備時間15分(局所麻酔)+実際のレーザー治療10分前後が基本です。

1.準備
麻酔液がついた小さなガーゼを鼻の中に入れます。麻酔液は苦く、少々不快かもしれません。唇や鼻の周りが多少しびれます。飲んでも大丈夫ですが、口の中にためておいて後で吐き出してください。
2.実際のレーザー治療
実際のレーザー治療は原則として両側一度に行います。目をレーザーから保護するためにメガネをかけていただきます。レーザー照射中少々熱かったり、軽い痛みを感じることがありますが、お子様でも大丈夫です。当院では小学校高学年の方から施行しています。
3.レーザー治療後
レーザー治療した後、通常のお仕事、運動は制限ありません。レーザー治療した後、約1週間はアレルギー症状が一時的に悪くなることがありますが、その後かさぶたが取れるころには鼻づまりも良くなります。

★レーザー治療は原則1回です。レーザー照射の治療 効果は、永続的に続くものではありません。効果の持続期間も人によって様々です。平均すると効果の持続時間は1~2年です。しかし、薬の量は確実に減らすこと ができます。効果が減少した時点で、安全に、副作用無く、レーザー照射を繰り返すことも出来ます。

★レーザー治療を御希望者のかたは、一度ご受診いただき適応の判断の診察、採血検査でのアレルギー検査などが必要になります。一度受診していただいて予約をとってからの治療になります。
また新型コロナウイルス感染防止のため、レーザー治療前にPCR検査を受けていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。

一覧へ戻る

  • check-onインターネット予約はこちら
  • 電話・オンライン予約はこちら

診療時間

  日・祝
9:00~13:00 -
15:00~18:30 -

★土曜日午後は14:30-17:00
※休診日 日・祝